公務員/合格体験記

●択一試験対策
私はDVDで講義を受けた後、TACで開講されている授業も受けて勉強しました。講義を2度聞くことで頭に入りやすくなり、授業では分からないところを質問できるので有効だと思います。DVDは一日一本を見るようにしました。3時間見るのは疲れるので1,4倍速で見るのをオススメします。科目としては、出題が多い科目を中心に勉強してきました。特に数的処理は毎日取り組むようにしました。一日のスケジュールを立て、9−12時は数的処理、13−15時は法律(政治)、15−18時は経済、19−21時は教養 と毎日いろいろな科目に触れることが有効だと思います。週一回は休みを取り、メリハリをつけて勉強に臨むほうが効率よく勉強できると思います。V問では主要科目はCCレベル以外を5周以上、その他の科目はAA〜BBレベルを2周ほどしました。解いた後、間違えたところや出題が多いところはノートに書き、書いて覚えるようにしました。刑法など自分の苦手な科目は勉強しませんでしたが、その分ほかの科目で点が取れれば問題ないので、自分がどの科目でどのくらい点数を取れるのかシュミレーションしてみてください。

●論文対策
論文対策では、回答例をそのまま写してパターンを覚えるようにしました。社説の書き写しも有効だと思います。添削サービスを利用して自分の回答を見てもらうことで、自身の修正点を指摘してもらえるので積極的に利用するべきだと思います。

●面接対策
まず受験する自治体の情報を集めることが大切だと思います。実際に街を訪れたり、広報をもらいに市役所へ行ったり、ホームページを見たりすると「ここに行きたい!」と改めて思うようになり、実際の面接でも熱意が伝わるのではないかと思います。ノートを作り、質問と答えのパターンを数多く作ることで、あらゆる質問に対応できると思うのでオススメです。面接の練習はしすぎると受け答えが棒読みになってしまうので気をつけて下さい。ほかの受講生と一緒の時間に面接練習することがあると思うので、良いところや悪いところを参考にして吸収してください。

●これから公務員を目指す人へ
公務員試験は長丁場なので、モチベーションを維持することが大切です。私は、勉強をするときボールペンとノートを使っており、使い切ったボールペンとノートを溜めていきました。そのペンとノートを見ると「これだけ勉強してきたんだ」と自分に言い聞かせることができ、自分のしてきたことに自信を持つことができました。自習室で勉強するときも、同じ公務員受講生より早く帰らないことを目標に勉強してきました。周りの仲間から刺激をもらいながら勉強することが合格につながると思いますので、仲間を大切にして切磋琢磨しながら勉強を頑張ってください。頑張りは必ず報われます。