公務員/合格体験記

●入学時期
12月中旬(速修本科生コース)

●択一試験対策
基本的には優先順位の高い科目(憲法・民法・経済学)から順番に「DVD受講→V問題集」の流れで進めました。1度で理解と記憶ができれば理想的ですが、科目数も多く、全ての科目を並行することも難しいために、一度だけの勉強は現実的ではないと思います。
やはり最短ルートは先生が言っている「V問題集を3回やる」や、「授業を複数回受ける」だとおもいます。限られて時間で膨大な勉強量を、焦らずやることが大切だと思います。

●面接対策
過去の面接試験復元シートを参考に自分で考え、TACでの模擬面接や個人面接を行えば、十分対応できると思います。さらに、模擬面接などで知り合った受講生と積極的に情報交換≠相談をしていくことで、よりブラッシュアップできると思います。

●論文対策
DVD受講で先生方も言われていますが、実際に何度も書いて添削してもらうことが大切だと思います。テキストの解答例を熟読して、真似して書いてみることも必要な知識を得ることができ、とても有効だと思います。
ただし、それだけでは他の受講生とネタが被ってしまうため、重要なテーマについては新聞やネットで自分なりのネタを持っておくことも良いでしょう。論文試験対策は、論理的に話を組み立てる練習を通して面接対策に。情報収集は択一の時事対策にも役立つと思います。
私は、択一・面接対策であまり時間を割けませんでしたが、もっと時間を割くべきだったと少し反省しています。

●これから公務員を目指す方へ
公務員試験は、択一対策が最も手間と時間がかかり大変だと思います。勉強量が多いだけに最初から効率的な勉強方法や、勉強しただけの結果を求めたくもなりますが、焦らず1科目ずつ消化していくことが大切です。長期間の勉強はストレスも溜まる、定期的に休日も必要です。(私は、2週間に1日オフを作っていました。)
また、公務員試験は情報を仕入れることも大切だと思います。知っていると知らないでは、雲泥の差があります。他の受講生や先生方から積極的に情報を集めてください。
最後に、精神論になってしまいますが、公務員試験はとにかく自信を持って臨む事が大切だと思います。試験日当日は筆記試験も面接試験も大変緊張すると思いますが、これまで勉強したことは、1つ1つ必ず結果につながっていきます。
皆様の合格を心より応援しています。