日本語教師養成

外国の方に、日本語で日本語を教える「日本語教師」を養成します。

日本語教師と聞いて、どんなイメージを持ちますか?受講生のみなさんが日本語教師を目指す動機は、海外で働きたい、国際的に役立つ仕事をしたい、教師という立場で教壇に立ちたいなど様々です。
日本語教師を採用する際にはほとんどの学校や養成機関が一定条件を提示し、日本語を教えるスキルを持っているかを判断しています。
では、その条件とは
●学士の学位を有し、日本語教育に関する研修であって適当と認められるものを420単位時間以上受講し、これを修了した者
●日本語教育能力検定試験合格
財団法人 日本国際教育支援協会 公式サイト>>
●大学または大学院で日本語教育を専攻、または副専攻として定められた単位を取得し修了していること。
これらのうち、いずれか1つ以上満たす方というのが一般的です。


開講コース

日本語教師養成講座 420時間e-ラーニングコース

日本語教師に必要な「420単位時間研修」と「日本語教育能力検定試験」に対応しています。
※検定対策講座は含んでおりません
※修了証の発行には修了要件(成績評価や出席率)を満たす必要があります。詳細は入講時に説明します。
●少人数制で丁寧に経験豊富な講師が指導いたします。
●外国の方を招いての指導実習も実施いたします。
●日本語学校での授業見学も取り入れています。(実施できない場合があります)

対象者 初学者・学習経験者、どなたでも受講できます
(外国語が話せなくても問題ありません)
受講料(税込) ¥484,000予定(教材費別:¥32,000程度)
開講日 準備中
(詳細は決まり次第掲載いたします。しばらくお待ちください)

※2022年開講予定
※e-ラーニング+スクーリングのコースです 【定員:12名】
検定日 毎年10月下旬予定